サッカーのことをいろいろ載せたり載せなかったりしてるサイトです。

戦術を考える1

■フォーメーション、システム、戦術とは
「フォーメーション」「システム」「戦術」はそれぞれ意味がちがいます。けっこう混同して話されがちです。これ分かっていると話しやすくなります。 「フォーメーション」とは4-4-2、4-3-3、3-5-2などよく言われる数字だけの並び順です。 「システム」とは4-4-2のMFの4はフラットなのか、ボックスなのかダイヤモンドなのかといった配置を示したものになります。DFだとフラットなのかスイーパーがいるか、FWだと横並びなのか縦並びかです。細い配置によって役割が異なります。 「戦術」とはチームとしての戦い方のことです。相手に足の速いFWがいる場合、それを抑えるためにDFはスイーパーにして裏のスペースを与えないようにする。や、相手が中央突破が得意な場合、それを抑えるためにMFをボックスにして真ん中を固める。などの、戦い方を「戦術」といいます。

サッカーはチームプレーなので、11人がそれぞれの考え方で動くより、チーム共通の考え方で動く方が、いい結果を生みます。人間で考えると、右足や左足や右手のそれぞれの意思で動くと、まともに歩くことさえでき

■戦術を決める
戦術を持っているチームは少ないと思います。特に社会人では。学生や社会人で監督がちゃんとついてるチームでは、なにかしら持っていると思います。選手みんなが分かっていないと意味ないんですが。戦術がなくてもサッカーはできます。しかし、チーム戦術を持つ、みんなで共有することはサッカーを劇的に楽しくしてくれます。

戦術はどう戦うか?ということ。ポゼッションサッカーのような大きなくくりでもいいですし、このエリアではシンプルにこのエリアでは仕掛けるのような細いくくりでもありです。正解はなく、どういう戦い方をしたいか?どういうサッカーがしたいか?の答えを持っておくことが大切です。

まずはどういうサッカーがしたいかを考える。

どういうサッカーがしたいかって言われても、わからないよってなると思います。下にざっとあげるのでその中から選んでもOKです。 それでもぱっとするものが出ない場合は、メンバーの特徴・スキルから考えます。足が速い選手がいて、DFに能力のある選手がいる場合はカウンターサッカーなど。 やりたいサッカー×選手の特徴が両方活かせるものがベストです。


一覧へ戻る

↑ PAGE TOP