シュート

シンプル・イズ・ザ・ベスト。あまりシュートを打つまでに行程がたくさんあると、それまでに気を使ってしまいシュートに集中できないため、よくない。

■ポストシュート
ポスト(フォワード)にボールをあて、ワンタッチで落としたボールをシュートとする。 1番メジャーな練習方法。

■横パスからシュート
ポスト幅くらいに1人ずつ並ぶ。 片方がボールを足元にパスし、それをトラップしてシュートする。 ポイントはトラップからシュートの時間を短くすること。シュート技術と同じくらい大事です。シュート技術がいくらあっても、打てなければ活きてこないから。

■斜め後ろパスからシュート
パサーはゴールポスト幅くらい、受けては更に外、前方に配置する。斜め後からパスをもらい、外にトラップか中にトラップかしてシュートする。 ポイントほ受け手の体の向き。体はゴールを向き、顔だけパサーを見るようにする。そうすることで、前へトラップがしやすくなる。

■後ろパスからシュート
ゴールから少し距離をとり(ペナ2個分くらい)受け手とそのすぐ後ろにパサーを配置する。受け手はゴールを向き、パサーは手でボールを投げる。山なりでもゴロでもなんでもあり。それに反応しトラップ、シュートする。もしくわ、ドリブル、シュートする。 ポイントはいかに時間をかけないか。DF裏へのスルーパスを想定しているので、時間をかけるとDFに追いつかれ、シュートが打てなくなるため。

■マイナスパスからシュート
ペナルティエリアとゴールラインが交わるところ近くにパサー、ゴールポスト幅に受け手を配置する。パサーはマイナスに速いボールを出し、それをダイレクトでシュートする。 ポイントはメンタル。距離が近く決めて当たり前というプレッシャーがかかる。それに慣れる練習。 試合で何度か訪れる場面。意外と外してしまうことが多く、チーム全体の雰囲気が下がってそこからリズムが崩れてしまうこともしばしばある。


一覧へ戻る