自主練 コツ

自主練てなかなか続かないですよね。つい妥協してしまう人が多いのではないかと思います。定期的にトレーニングをしないと、レベルアップどころか、現状維持も難しくなります。 コツを覚えてやりやすくします。

■習慣にする
仕事の終わり時間がある程度決まってる方は、火曜日と木曜日などのように自主練日を固定しちゃいます。体がその生活スタイルに慣れれば、気持ちエネルギーは少なくて実行できます。

■メニューを決めておく
筋トレ、ラン、ボール系からメインメニューを決めておく。例えば、筋トレは腹筋、背筋、腕立て、体幹、スクワット、ランはジョグ30分、ダッシュ10本、ボールはボールタッチ、リフティングみたいな感じで。 その時のコンディションや課題で変えていく。

■個サルに参加
家の近くや会社帰りにフットサル場がある場合は個人参加型フットサルを使うと効果的。コートは小さいですが、実践形式で体を動かせるのが1番のポイント。これが1番全ての技術がアップし、コンディションもあげられ、サッカー感をつかめます。 都会だと大体ある。インターネットで簡単に予約ができる。平日の遅い時間までやっている。 注意する点は、レベル感と気まずさ。

■数人でやる
個サルでやる、他チームでやるはまぁ環境に左右され度合いが大きいです。多くの人で現実的な方法となってくるのは、これかなと。チームの数人(2人でもOK)でやる方法。 内容は1人メニュープラス、ボールを使った基礎練などでOKです。朝練も以外といいです。早起きできますし、清々しいし。 妥協がしづらくなり、やりやすくやります。

■ジムを使う
市民施設や民間ジムを利用する。そういう場所に行ってやると、自然とトレーニングする空気になる。家でない場所っていうのが重要。筋トレルームで筋トレ、ランをする。プールがある場合には、プールもローテーションで取り入れるといい。水泳は全身運動で、バランスよく筋肉がつくので、今までと違う動きができるかも。

■会社のサッカーチームを使う
会社でサッカーまたはフットサルをやってるところは活用しましょう。会社の交流も持てて一石二鳥かと。あくまで、チームの活動がない日の体を動かす場所として。毎回参加すると、本ちゃんの方にいけない事態にもなりかねないので注意。これはほぼ土日にしかやっていないと思うので、平日トレーニングには使えません。


一覧へ戻る