サッカーのことをいろいろ載せたり載せなかったりしてるサイトです。

クロス

シンプル・イズ・ザ・ベスト。あまりクロスを上げるまでに行程がたくさんあると、それまでに気を使ってしまいクロスに集中できないため、よくない。

合わせ役の入り方を固定しないこと。ほとんどのチーム(学生、社会人問わず)で、2人中に入る場合、入れ替わりでニアとファーにいくことがほとんどです。ではなく、自分の頭の中で目の前のDFのマークを外して入るイメージをすることが大事です。マークが外れるなら、ダブルニアでもダブルファーでもいいわけです。固定観念を捨てましょう。

クロスの質より選択が大事です。まず、自分とボールの状況から、可能なキックの選択。 DFの状況からコースの選択です。

こぼれ球は最後までプレーすることが大事です。待っている選手も前にボールがこぼれてきたら、迷わずシュートしましょう。最後までプレーする癖付けが大切です。

■トラップからクロス
ペナルティアーク付近からスタート。1人か2人が合わせ役で、サイドにパス→トラップ→クロス→合わせる、流れ。 1番メジャーな練習方法。 ポイントは合わせる選手のタイミング。サイド選手のトラップした後の顔を上げた瞬間に動く出す。

■トラップからアーリークロス
スタートは同じ(気持ちサイド選手うしろに配置)。サイドにパス→トラップ(その場)→アーリークロス→合わせる、流れ。 ポイントは相手ラインの裏へボールを送る場面をイメージすること。

■トラップからマイナスクロス
スタートは同じ(気持ちサイド選手まえに配置)。サイドにパス→トラップ(前に大きく)→エンドラインぎりぎりからクロス→合わせる、流れ。 ポイントはサイドでDFを置き去りにしてクロスをあげる場面をイメージすること。

■ワンツークロス
スタートは同じ。サイドにもう1人配置。サイドにパス→ワンツー→クロス→合わせる、流れ。 ポイントはリズムよく。


一覧へ戻る

↑ PAGE TOP