サッカーのことをいろいろ載せたり載せなかったりしてるサイトです。

社会人サッカー リーグ種類

社会人サッカーにはいろいろなレベルのチームがあります。いろんなところでいろんな形でサッカーがやられています。たまに知り合い同士でやるサッカー、会社仲間とやるサッカー、市区都道府県のリーグ、全国リーグ(JFL)、オーバー40サッカー、全国社会人大会、天皇杯、国体など。

日本サッカーリーグの構造 ピラミッドの図 J1リーグを頂点に、地域、都道府県の順に各リーグが位置しています。各リーグは1部~4部まであります。例えば、都リーグ1部チームの場合、日本7部ということになります。 そうやって考えると、プロでなくてもちゃんと繋がっていて、ワクワク感があります。

■都道府県リーグ
都道府県ごとにやっているリーグです。その都道府県に住んでいる選手などの制約はないです。なので、他県のチームに登録も全然ありです。チームとしては活動拠点を置いているところに登録することが多いかと思います。 レベルは都道府県によってだいぶばらつきがあります。関東、関西はやっぱり強いチームが多く、チーム数も多いです。特に東京はレベルが高いかと。4部まであり、スポンサーが付いているチームも珍しくありません。

■市区リーグ
市や区の範囲でやっているリーグです。レベル、チーム数、部数は各地域でかなり差があります。都道府県リーグに繋がっているところはあまりなく、独立している場合が多いです。なので、都道府県リーグと市区リーグの両方に登録しているチームも少なくないかと。 楽しむに重きを置くチーム、サッカー経験の少ないチーム、会社のサッカーチーム、初心者の方、が気軽に始めやすいリーグです。

■地域リーグ
北海道、東北、北信越、関東、東海、関西 、中国、四国、九州の9つの地域でやっているリーグです。北海道は北海道のみで地域リーグという位置付けで、北海道を5つに分けて行われる各地区リーグが都府県リーグの位置付けとなる。 ついこないだまでプロでやっていた人もちらほらいたり、Jリーグ参入を目指すチームがけっこうあります。試合会場が遠方になり1日がかりの試合になることも。 より高いレベルでやりたい人やプロを目指している人に合ったリーグです。

■JFL
日本のアマチュア最高峰リーグ。地域は日本全国です。レベルはもちろん高く、プロを目指している人や、元プロだった人などがたくさんいます。チームによっては、プロ契約を結んでいる選手もいます。金額はサラリーマンより貰ってないことがほとんどかと思います。 北海道から沖縄まで日本各地で試合があるので遠征費でかなりかかります。基本的にはスポンサーがついてるか、企業のチームかです。


一覧へ戻る

↑ PAGE TOP